麻布十番にある美容院(美容室)aRietta>ブログ>低温デジタルパーマとは?違いと特徴徹底比較&おすすめスタイル3選

低温デジタルパーマとは?違いと特徴徹底比較&おすすめスタイル3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
低温デジタルパーマとは?違いと特徴徹底比較&おすすめスタイル3選

この記事を読むのに必要な時間は約4分です。

【低温デジタルパーマとは】


銀座、麻布十番駅近くの美容室aRietta【アリエッタ】の代表、馬場 義隆【ババ ヨシタカ】です!

【低温デジタルパーマ】ってみなさんご存知でしょうか?

最近導入されている美容室も増えてきています。

今回はaRiettaでも人気メニューの一つダメージ毛でもチャレンジできる【低温デジタルパーマ】について分かりやすく説明していきたいと思います!



【高温デジタルパーマとの違い】


デジタルパーマは聞いた事があるという方も多いと思いますが、

そもそもデジタルパーマとは、形状記憶パーマとも呼ばれ、


専用の機械を使用します。【こちらは低温デジタルパーマも同じ機械を使います。】



一般的なパーマは薬剤しか使いませんがデジタルパーマはそれに加えて熱を加えることによって毛髪中のタンパク質を変させ形を作っていきます。


一般的なパーマは髪の毛が濡れている状態でウェーブが強く出ますが、


デジタルパーマは髪が乾いている時にウェーブが出てきますのでドライヤーで簡単に乾かしてスタメリットがあります!

パーマの持ちもその後のダメージ具合によりますが、


普通のパーマより長く、

3か月から半年位は持続します。


【デジタルパーマのデメリットは?】

1回かけたら長持ちする!


スタイリングが簡単!


と、一見メリットしかないデジタルパーマもやはりデメリットはあります。


【毛髪へのダメージが大きい】


髪の表面は【キューティクル】で守られています。


パーマの薬剤はそのキューティクルを剥がし髪の内部に浸透して作用させていきます。


そのため髪の内部がダメージを起こし栄養分が流れていってしまいます。


傷んでキューティクルがはがれた髪は内部の水分が蒸発しやすく枝毛の原因や乾燥の原因になります。


デジタルパーマでは薬剤を使うと同時に70〜90℃まで加温するのでより負担がかかってしまいます。


そのためダメージ毛の場合はおすすめできない場合もあります。

【ダメージ毛にもおすすめ!低温デジタルパーマの3つの特徴】


そこでダメージ毛におすすめしたいのが【低温デジタルパーマ】です!


まず大きく違うのが薬剤の違いです。

主に低温デジタルパーマに使用されている薬剤【デジキュア】ですが、大きな特徴として3つ紹介していきます!

1、アルカリ成分ゼロ!

【基本パーマ、カラー剤などにはアルカリ剤が含まれており、

その反応によってカールが作られますが、

一方で毛髪のダメージにも繋がります】

2、お肌にも優しい弱酸性です!

【アルカリ0な上にお肌にも優しい弱酸性です。】

3、低温処理


【従来のデジタルパーマが70〜90度で加温していく事に比べ、

デジキュアでは50度〜での加温で作用していきます。】


この3本柱です!

更には一般的なデジタルパーマと比べて30〜1時間も時間を短縮出来ます。


高温で乾燥させて形状させるデジタルパーマに対して、

デジキュアは完全に乾燥する前に蒸して形状記憶させていきます。


しかし【デジキュア】にも弱点はあり、

髪質によって合わない場合もある。


・髪質が硬めでキューティクルが厚い。


・バージン毛【カラーやパーマを1度もしてない場合】


・縮毛矯正、デジタルパーマの履歴がある。


など、

薬剤がかなりソフトのため場合によっては普通のデジタルパーマが有効な場合もあります。

もちろん従来のパーマ【コールドパーマ、水パーマ等】が良い場合も。


【低温デジタルパーマの3つのおすすめスタイル】

ここで低温デジタルパーマでかけるおすすめスタイルをご紹介していきます!

ロング、ミディアム、ショートのバリエーションを紹介していきます。

【センターパートで揺らぐサーフカールスタイル】


ロングのローレイヤーがベースでアゴラインで前髪をつくっています。

前髪と顔周りはリバースに巻きそれ以外の毛先はミックス巻きでルーズ感を出していきます。

洗いざらしのような柔らかい外国人のような質感が特徴です。

アイロンで巻いたりするのが苦手な方におすすめのスタイルです。

【掻き揚げバングが大人可愛いミディカール】


鎖骨下で前上りのローレイヤーがベースのスタイルになります。

6:4くらいのパートで前髪に立ち上がりをつけ、

こちらも顔周りはリバースで毛先はミックス巻きで動きをつけます。

ブラシやアイロンを使用ぜずにドライでワックスを揉みこみ完成です。

【無造作にドライで完成!ラフショート】


ショートスタイルのご紹介です。前下がりのグラデーションボブがベースに口元くらいで前髪を作ります。

パーマは根元付近から大きめのロッドでミックスに巻いていきます。外国の子供のくせ毛風なラフな質感が特徴です。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?


パーマの種類はたくさんありますが、


スタイル、ダメージ、目的によって最適なパーマの選択があります。


一番の理想は、

お家での再現性、お手入れのしやすさダメージを軽減させる事だと思います。


ダメージ毛によってあきらめていたゆるふわスタイルも【デジキュア】であれば可能かもしれません!


馬場義隆

馬場義隆

Written by:

aRietta 代表

麻布店、銀座店で サロンワークをしています!

なんでもご相談ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

馬場義隆は、こんな記事も書いています。

  • ノンシリコンなのに洗いやすいシャンプー【イースタンダード】が大人気!

    ノンシリコンなのに洗いやすいシャンプー【イースタンダード】が大人気!

  • 低温デジタルパーマとは?違いと特徴徹底比較&おすすめスタイル3選

    低温デジタルパーマとは?違いと特徴徹底比較&おすすめスタイル3選

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2013 aRietta AZABU All rights reserved.